元SEが執筆!女性SEが辞める背景と働きやすい企業のポイントを解説

「憧れてIT業界に入ったものの思うように仕事ができない」
「SEを辞めたくて仕方ない」

近年、IT業界は急速な発展を遂げ多くの女性がSE(システムエンジニア)として活躍しています。一方で「SEを辞めたい」という女性の声も少なくありません。

女性が活躍できる企業を選べば、長期的なキャリアを築けます。

本記事では女性SEが辞めるにいたる背景や理由について解説しています。職場環境や働き方に悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

女性SEが辞職を検討する4つの理由

女性SEが辞職を検討する理由は4つあります。

まずは「なぜ辞めたいと思うのか」の理由を整理してみましょう。

性別による偏見と差別

IT業界は歴史的に男性主導の環境が強く、女性が少数派となるケースが多くあります。そのため、女性SEが性別による偏見や差別を感じることがあります。具体的例は以下のとおりです。

  • 昇進機会の不平等:同じ業績を上げても、男性の同僚の方が昇進しやすい。
  • 性別による役割の固定観念:女性は「サポート役」として見られるケースが多く、技術的なリーダーシップを取る機会が少ない。
  • セクシャルハラスメント:職場でのハラスメントにより、精神的なストレスが増加し仕事を続けづらい。

多様性がうたわれている時代ですが、それでも性別による偏見や差別に悩み、働きづらさを感じている人もいるでしょう。

ワークライフバランスの難しさ

SEは、長時間労働やプロジェクトの納期に追われることが多い傾向にあります。結果として、家庭や育児との両立が難しいと感じる可能性があります。

  • 長時間労働:締め切りやプロジェクトの進捗によっては、深夜や週末にも働く必要があることがある。長期的に続くと、体力的・精神的に負担が大きくなる。
  • 育児との両立:育児中は、フルタイムの仕事と家庭を両立するのが難しい。

IT業界はリモートワークやフレックスタイム制度が普及しているとはいえ、育児と仕事のバランスをとるのは簡単ではありません。

技術的なプレッシャー

IT業界は急速に変化するため、常に最新の技術を学び続ける必要があり、技術的なプレッシャーが大きくのしかかることがあります。

  • 技術の変化:新しいプログラミング言語やフレームワークが次々と登場し、学習が求められる。
  • 自己研鑽の時間不足:日々の業務に追われ、自己研鑽のための時間を確保するのが難しい。

「技術の変化に対応しなければならない」というプレッシャーがストレスの原因になる可能性があります。さらに日々の業務が忙しければ、自己研鑽の時間が確保できず「技術的に取り残されるのではないか」という不安も募るでしょう。

支援体制の不足

女性SEが働きやすい環境を整えるための支援体制が不足している企業もあります。

  • メンター制度の不在:新入社員や若手社員を指導するメンター制度が整っておらず、孤立しやすい。
  • 職場の文化:多様性を尊重する企業文化が根付いていない場合、働きにくさを感じる。

とくに女性の先輩社員が少ない場合、相談しにくいと感じる人もいます。男性中心の企業文化であれば「女性の意見が軽視される」「会議で発言しづらい」などと悩む人もいるでしょう。

女性SEが働きやすい企業のポイント4選

女性SEが働きやすい環境を整えるために、企業や社会全体で取り組むべき対策が4つあります。

対策が整っている企業を選べば、居心地良く働けるでしょう。

ダイバーシティとインクルージョンの推進

ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括)の重要性を理解し、具体的な施策を講じている企業がおすすめです。

ダイバーシティは人種や性別に関係なく多様な人材の活躍を意味し、インクルージョンは従業員それぞれの個性や能力の尊重を意味します。

  • 多様な人材の採用:採用プロセスにおいて多様な背景を持つ人材を積極的に採用している。
  • 研修プログラムの実施:ダイバーシティとインクルージョンに関する研修を定期的に実施している。

さまざまなバックグラウンドを持つ人材を採用している企業は、多様性に満ちた職場です。さらに高い意識を持つ従業員が多ければ、働きやすいでしょう。

ワークライフバランスの改善

家庭と仕事を両立しやすい環境が整っているのも重要です。

  • 柔軟な働き方の導入:フレックスタイム制度やリモートワークの導入により、柔軟な働き方ができる。
  • 育児支援制度の充実:産休・育休の取得推奨や、育児休暇からの復職支援プログラムが充実している。

柔軟な働き方や支援制度が充実していれば、育児や家庭の事情に合わせた働き方ができ、両立しやすいでしょう。

メンター制度の導入

キャリアを築くにあたり、メンター制度の有無は重要です。

  • メンター制度の整備:女性社員が相談できるメンターを配置し、キャリア相談や技術的なアドバイスを提供してくれる。
  • ネットワーキングの機会提供:業界内外のネットワークを築けるイベントや交流会を定期的に開催してくれる。

とくに女性の先輩社員がメンターとしてサポートしてくれると経験を共有してくれるため、悩みも相談しやすいでしょう。

技術研修とキャリア開発支援

技術的なプレッシャーを軽減し、キャリアの成長を支援するための施策が充実している企業がおすすめです。

  • 継続的な教育と研修:最新技術のトレーニングやスキルアップのための研修プログラムを提供してくれる。
  • キャリア開発プログラム:キャリアパスの明確化やリーダーシップスキルの育成に関するプログラムを提供してくれる。

常に最新の知識を身につけられたり長期的なキャリアを築けたりする支援が整っている企業は、長く働きやすいでしょう。

女性が働きやすい企業を選びSEとして活躍しよう!

女性が「SEを辞めたい」と考える背景には、以下の4つの問題があります。

ダイバーシティとインクルージョンの推進や柔軟な働き方を導入している企業を選べば、SEとして持続可能なキャリアを築けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA